刺し子のバッグたち

変わらず大好きな刺し子たち。

増殖しても真似が増えても、本物は本物。

民族衣装と同じように何十年か経った時、
私のように買い付けをする何世代か未来の人たちが
同じ気持ちで見つけてくれると思う。

原点であるヤオ族刺し子バッグ。

パイピングのような縁取りがヤオの証。

それでもきれいなものは少ない。

小さめの肩掛けバッグは、大きいものより合わせやすい。

シンプルなスタイルにさらっと。

四角布を切らずに使ったバッグ。

持ち手にもぎっしりと刺し子、短めで幅広の持ち手は疲れにくくて使いやすい。

藍染のワンピースとの相性の良さ。

近日中にオンラインストアにて販売いたします。